六本木の婚活バー Singles Bar GREEN
プレスリリースSingles Bar GREENが映画「モールス」のオフィシャルカクテルを発売開始

ストーリー

孤独な少年と少女の切なくも 美しいイノセントな恋の物語が、町を震撼させる連続猟奇殺人事件のミステリーと絡み合う

雪に閉ざされた町。母と暮らす孤独な12歳の少年、オーウェンは学校でのイジメに悩んでいた。ある日、謎多き少女アビーが隣に越してくる。彼女はどんなに雪が降り積もる日でも裸足だった。
何度も会ううちに、孤独を抱える二人は徐々に惹かれあい、お互いにしか分からない壁越しのモールス信号が絆を日に日に強くさせていく。やがて、オーウェンはアビーに隠された哀しい秘密を知ることになる。
時を同じくして、町では残酷な連続猟奇殺人が頻発するようになる。刑事は事件の真相を追い続け、二人の住む団地へ捜査の手が及んでいく――。
果たして、アビーの秘密と事件が繋がった時、オーウェンはどのような衝撃の決断を下すのか――

予告ムービー

動画が表示されていない方はFlash Playerをインストールしてください

全世界絶賛!最も切なくて、最も怖ろしい、イノセントスリラー

世界中の映画ファンを虜にした『クローバーフィールド/HAKAISHA』のマット・リーヴス監督が、『キック・アス』で一躍新人女優注目度No.1となったクロエ・グレース・モレッツを主演に迎え、全世界60の映画賞を受賞したスウェーデン映画『ぼくのエリ 200歳の少女』をハリウッド版として映画化。ハリウッドならではの迫力と映像マジックで、恐怖とスリルを倍増させた、映画『モールス』が、8/5(金)TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショーになります。
身の毛もよだつ残酷な連続猟奇殺人と、幼い二人のピュアな初恋の行方。次から次へと襲いかかる恐怖と、胸を締めつける切ない想い。両極の感情が観る者を揺さぶり、引きずり回したまま衝撃のラストへと疾走していく。その先に待ち受けるのは、果たして・・・!? ホラー小説の巨匠スティーヴン・キングが2010年NO.1映画に選び「この20年でNO.1のスリラー!」と大絶賛、数々の映画賞を受賞した、“最も切なくて”“最も怖ろしい”イノセントスリラーが、いよいよ日本上陸!!


◆キャスト: クロエ・グレース・モレッツ 『キック・アス』 / コディ・スミット=マクフィー 『ザ・ロード』 リチャード・ジェンキンス 『扉をたたく人』 / イライアス・コティーズ 『シャッターアイランド』
◆スタッフ 監督・脚本:マット・リーヴス 『クローバーフィールド/HAKAISHA』 原作:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト 「MORSE-モールス-」(ハヤカワ文庫刊) 撮影:グレッグ・フレイザー 『ブライト・スター〜いちばん美しい恋の詩〜』  音楽:マイケル・ジアッキノ 『カールじいさんの空飛ぶ家』

[2010 年アメリカ=イギリス/116 分/カラー/スコープサイズ/ドルビーデジタル/R15+] 原題“Let Me In” (c)2010 Hammer Let Me In Production.LLC■配給:アスミック・エース

オフィシャルカクテル

映画「モールス」オフィシャルカクテル

映画試写会プレゼント

映画「モールス」GREEN特別試写会にご招待!10組20名様 7/22